夏のお悩み解決特集



夏はイベントや行事が盛りだくさん!!
お出かけやレジャーや水遊びが楽しい季節ですね♪

でも、楽しい事の裏に潜む暑い夏ならではのこんなお悩みも…
・熱中症や水分不足が心配 ・紫外線による影響 ・虫刺され

夏を過ごすわんちゃんにとっての心配の種となるこんなお悩みを解決へと
サポートするためのアイテムをお悩みごとにご紹介していきます!!




犬は被毛に覆われて体温が上がりやすい上に、人間と違って汗をかく部位が少ないため体温調節が苦手です。
そのため高温多湿の日本の夏は、犬たちにとって熱中症リスクの高い危険な季節といえます。

また、水分が失われやすい夏はより水分補給が大切になってきます。
犬が1日に必要な飲水量は、体重kg×50ml前後を目安として計算をすることができます。

暑さがニガテなわんちゃんには、どんなアイテムが必要になってくるでしょう?





着るだけの冷感ウェア、寝苦しさを和らげるベッドやマット
首元をしっかり冷やすクールネックなど、IDOG&ICATのひんやりアイテムは種類豊富!!
その中からわんちゃんのタイプにあったものを選んであげてくださいね♪

また折り畳みできるフードボウルで、お出かけやお散歩のときは小まめ水分補給しましょう。








紫外線が犬に与える影響の最も大きなものは、皮膚へのダメージ。
犬は被毛によってある程度の紫外線カットはできますが、それでも皮膚まで届く紫外線はゼロではありません。

なかでも、マルチーズのように毛の密集どの低い犬や短毛種、ヘアレスドッグ、皮膚が見えるほどの
サマーカットなどは紫外線の影響を受けやすいと言えます。

紫外線の影響は、皮膚や目の病気につながる可能性も…。
強い日差しが照り付ける夏の紫外線対策にはどんなアイテムが必要でしょう?





UVカット機能の付いたウェアでしっかり紫外線カット!!
またひんやり機能も付いて一石二鳥、夏のお出かけに大活躍します♪

夏のお散歩は、日差しの少ない時間帯にするなどの対策も大事ですね。





外出の際に気をつけなければならない虫はノミやマダニだけではありません。
犬は蚊を介してフィラリアに感染することがあります。

フィラリア症とは犬の病気で、犬フィラリアに感染した犬の血を吸った蚊に刺されることによって
健康な犬の体内にフィラリアの幼虫が入り込み感染する病気です。

蚊が増え始める少し前の時期からの予防や対策が必要となってきます。
わんこの大敵、蚊やノミやマダニなどの害虫とはサヨウナラ!!したいですね。





防虫機能の付いた「MOSCAPE」ウェアでいや~な害虫にバイバイしましょう。
着るだけで簡単防虫、忌避率90%以上の人気ウェアです。

今年は新しく被るだけのハットタイプが登場、日差し除けにも◎



7件中 1〜7件目
並び替え
表示切替
7件中 1〜7件目

おすすめ商品